抜け毛の原因はAGA?病院で受けられる治療の種類は?

毛髪15

「薄毛は病院で治療しよう」という宣伝を目にする機会も増えましたが、これは主にAGAによる髪の悩みを対象にしたものです。男性の多くに共通するこの脱毛症は、病院でも治療をすることが可能で、医師への積極的な相談が推奨されています。

ただ、一体どのような治療をするのかが分からないと、相談にも行きにくいですよね。治療にはどんな選択肢があるのか、ここで確認をしてみましょう。


定番はプロペシア

最もベーシックな治療法として、プロペシアを用いる方法があります。フィナステリドという成分を主体とした内服薬のことですが、飲むだけで薄毛対策ができるという手軽さが魅力。抜け毛の原因がAGAと診断された場合は、必ずと言って良いほど治療の選択肢として提示されることになるでしょう。

なお、プロペシアにはジェネリック医薬品もあり、価格の安いそちらの方で治療ができることもあります。コスト面でも負担を抑えることができ、選択しやすい治療となっています。プロペシアの機序を簡単に確認すると、5α還元酵素を阻害できるのが大きな特徴です。

この酵素自体は健全な体を作るためにも欠かすことができない存在ですが、男性ホルモンのテストステロンと結合すると事情が違ってきます。5α還元酵素とテストステロンが結び付くと、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変換され、この物質がAGAの発症原因となるのです。

しかし、プロペシアを服用していると、5α還元酵素の働きを阻害することができ、それによって両者の結合が抑えられますので、結果的にAGAによる脱毛の進行も抑制することができるのです。

新参者のザガーロ

飲み薬としてはプロペシアが最も有名な存在ですが、その一方で注目を集めているのがザガーロと呼ばれる薬です。これは、プロペシアの後に誕生した薬であり、デュタステリドという成分を含んでいます。内服してAGAを防止するという点では共通しているものの、従来よりも進化した特徴を持つ薬なのです。

プロペシアでは効果がなかった人に対しても、ザガーロなら効く可能性があります。思うように回復ができていない場合は注目してみるのも良いかもしれませんね。プロペシアとどんなところが違っているのかというと、一番の相違点は作用する範囲が広いことです。

5α還元酵素を阻害するのがプロペシアの役割でしたが、この還元酵素には種類があるのです。1型と2型の2種類があっていずれも薄毛を促進するのですが、実はプロペシアは2型にしか効果を発揮しません。つまり、1型の影響を色濃く受ける体質ですと、プロペシアでは不十分な対策となることがあるのです。

その点、ザガーロに関しては両方に作用する力を持っており、プロペシアの1.6倍の効果を示すと言われています。近頃では効果の高いザガーロの方を選ぶケースも増え、従来よりも効果的に薄毛対策を行えるのです。

ミノキシジル外用薬も人気

すでに、使用している人も多数いるかと思われますが、ミノキシジル外用薬も病院で処方される治療薬の一つです。頭皮に塗って使用するタイプで、育毛剤などによって頭皮ケアをしている人からすれば馴染みやすい治療薬かもしれないですね。

それに、ミノキシジル自体は市販されていることもあって、使用経験がある人もいるでしょう。有名な製品なのがリアップで、ドラッグストアなどでもよく販売されています。病院を通さずに購入できるために身近な存在でもありますよね。

一番の特徴は、強力に発毛を促進できる点にあります。効果が発揮される仕組みは血管の拡張作用にあり、それによって毛根の活動を効果的に高めることが可能。臨床試験でも発毛作用は明らかにされていますので、積極的に取り入れてみる価値があります。

なお、ミノキシジル外用薬はプロペシアなどの内服薬と併用するのが理想的です。そもそもプロペシアをはじめとした飲み薬は、発毛作用自体は有していません。あくまでも、脱毛を食い止めることにより、生えやすい土壌を作るための薬ですので、内服薬だけでは発毛効果が低いのです。

強力な発毛作用を持つミノキシジルをセットで取り入れてこそ、より効果的に抜け毛を食い止め、薄毛を回復させることができます。

メソセラピー療法にも注目

毛髪21

病院によってはメソセラピー療法なる施術も用意しています。特徴は、注射によってダイクレトに発毛を促せることです。内服薬や外用薬では局所的に作用させることは難しいですが、注射によって狙った箇所にフィナステリドなどの有効成分を注入することで、ピンポイントで作用させることができるのです。

ただ、注射を用いる場合、細い針を使用するとは言え痛みを伴うことがあったり、頭皮を傷付けてしまうリスクもあったりします。なお、エビデンスがない施術である点には注意が必要かもしれないですね。効果が高いという確かな根拠がなく、医師とよく相談をしながら判断しなければいけません。

再生医療のHARG療法

優れた毛髪再生の効果を得られるという、HARG療法も治療の一つです。幹細胞から抽出した成長因子を直接注入するというもので、毛母細胞に効果的に働き掛けることができると言われています。また、同時に髪に良いビタミンなどの成分をミックスしたカクテルを注入することで、発毛をアシストできるのも特徴的です。

カクテルの内容は病院ごとに違い独自性を持たせています。内容によって効果も異なりますので、比較検討をしながら病院選びをすると良いでしょう。

自毛植毛も視野に

その他の治療とはだいぶ毛色が違っているのですが、自毛植毛も選択肢に加えてみるのも良いかもしれません。薄毛治療の多くは薬剤の力で発毛を促すというものでしたが、自毛植毛は物理的に発毛させるという点に大きな特徴があります。

この治療は、ドナーとなる毛根を自分の頭皮から採取し、それを薄くなっているところに移植するというものです。生きている毛根をそのまま移動させることで、薄くなったところにも高確率で自毛を生やすことができます。

自らの細胞をドナーとしていることで拒絶反応が起こりにくく、安定して発毛を目指せます。ただ、移植するためのドナーがなければ、治療を行うのが難しいのがネックと言えるでしょう。抜け毛が激しく不毛地帯のような状態では、薄毛部分をカバーするだけの余裕がありません。

その場合は、人工毛を植えるという手段もあるものの、自毛のような持続性や安定感がなく、やがては抜けてしまいます。自毛植毛は人を選ぶ治療法でもあるため、適性がない場合は大人しく別の方法で改善を目指した方が良いかもしれませんね。

季節によって増える抜け毛の原因と対策